特定非営利活動法人しあわせなみだは、平成24年度独立行政法人福祉医療機構助成事業として、施設で暮らす女性を対象としたメーク事業を開始いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

 

・プレスリリースのPDFファイルはこちら→120603make.pdf

 

■「施設で暮らす女性を対象としたメーク事業」の背景


 一人で暮らすことが難しい女性が生活する婦人保護施設や、夫と暮らすことが難しい母子が生活する母子生活支援施設の方は、DV(ドメスティック・バイオレンス 親しい人からの暴力)を始めとする性暴力に遭っていることが少なくありません。そして、性暴力が女性に与えた心身への傷の回復に向けたアプローチは、なかなかできていません。生きる力が害されたことにより、施設をなかなか退所できなかったり、退所後再び別の施設で暮らすことになる女性も、少なくありません。
 メークには、社会性を回復し、自己確認による安心が得られるセラピー的な効果や、ストレスによりダメージを受けた脳の健康を回復させる効果が認められています。「施設で暮らす女性を対象としたメーク」事業を通じて、自分を確認し、納得のいく像に近づけ、自分への自信を回復するステップを生み出してまいります。

 

 

■「施設で暮らす女性を対象としたメーク事業」概要

特徴:

・自分と向き合うことでの精神的な落ち着きが生まれる
・日々、自分の目指す姿を、自分で生み出せる
・自分が持つ新たな魅力に気づき、明るく活動的になる
・自分への自信、他人への信頼の回復、人間関係を構築するステップを生み出す

実施施設:4ヶ所(婦人保護施設2か所/母子生活支援施設2か所)

実施回数:24回(年6回×4施設)

メーク講師:メンタルケアメーク21

 

 

■本件に対する問い合わせ先


特定非営利活動法人しあわせなみだ
Email:info@shiawasenamida.org