特定非営利活動法人しあわせなみだは、公益財団法人日工組社会安全財団から広域安全事業の助成の内定をいただき、「施設職員を対象とした性犯罪等の暴力被害者支援スキルアップ事業」を開始いたしましたので、お知らせいたします。


  [プレスリリースはこちら] 

【事業の目的】
施設職員のスキルアップによる性犯罪等の暴力被害者支援

【事業の背景】
施設で暮らす、虐待やDV等の暴力に遭った女性・子どもは、「親からの虐待→低学歴で収入を得るために性産業に従事→性感染症、望まない妊娠・出産→男性に依存→DV」等、暴力のサイクルから逃れることが困難な状況にあります。
このため、今後の人生で、自身が再び暴力に遭わないためのケア、子どもを虐待しないための支援が必要です。

施設入居期間は、安全・安心が確保された環境で、自分自身に向きあい、これからの人生の目標を具体的に設定していくことのできる、貴重な機会です。
このため、施設職員が、入居者と信頼関係を構築し、支援を進めていく力を養うことが求められています。

【事業の内容】
本事業では、施設職員のスキルアップを目的とした「スーパービジョン」を実施します。
女性・子どもが暴力のサイクルに気付くきっかけを作り、暴力連鎖を防止します。

【事業概要】
[期間]2014年4月から2015年2月まで
[実施施設]母子生活支援施設・更生施設・児童養護施設等
[実施回数]計12講座
[連携団体]メンタルケアサロンPureral


【団体概要】
特定非営利活動法人しあわせなみだ
[理事長]中野宏美
[設立]2009年1月(2011年7月法人化)
[事業内容]
1.Cheering Tears(性暴力等に遭った方を応援する事業)
2.Beautiful Tears(性暴力等に遭った方を美容の力で輝かせる事業)
3.Revolutonaly Tears(性暴力ゼロの実現に向けた社会への啓発事業)


※本事業を実施する施設・団体を募集しています。
実施を希望・検討されたい方、お気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせはこちらから】