10/1東京】性暴力・性犯罪の理解を訴えるPANSAKUのトーク&ライブ

音楽を通して、性暴力に遭った方を励まし、性暴力・性犯罪の理解を訴えているPANSAKU
http://ameblo.jp/sayatrain/

が東京でライブを開催しますので、ご案内します。

***

PANSAKUらいぶ~STAND~ 『あなたは1人じゃない』 -性暴力被害者の声がきこえていますか?-】

レイプ被害の傷から立ち上がり、音楽を通して「生きる」ことを歌い続ける、PANSAKUの心あたたまるトーク&ライブです。

チラシはこちらです(PDFファイルがひらきます)

layouts/xe_official_v2/img/0017-1.pdf

 

日時:2010101日(金)1900~(1830開場)

場所:野方区民ホール
東京都中野区野方531 TEL0333103861
西武新宿線の野方駅から徒歩3
駐車場がありませんので公共交通機関をご利用ください


地図はこちらです
http://www.nices.jp/access/nogata.html



入場料:500
収益は性暴力被害者支援のために使われます

出演:PANSAKU
http://ameblo.jp/sayatrain/


愛知県出身のアコースティックデュオ。ギターボーカルのぱんは、2004年レイプ被害に遭う。20106月、自らの被害体験を歌にした「STAND」を発売。音楽を通して、声に出せない被害者を励ますと同時に、性暴力・性犯罪の理解を訴えている。その他、「心」をテーマにしたライブ講演を幅広い分野で行っている。

参加申込:9/29(水)までにメールでお申し込みください
pansakulive2010101@yahoo.co.jp
名前(仮名可)とメールアドレスを記載してください

問い合わせ:PANSAKUらいぶ実行委員会 稲吉
昼間勤務先/中野区犯罪被害者等相談支援窓口 電話 03-3228-8951

~性暴力犯罪をなくそう!~
強姦等の性暴力は《魂の殺人》と言われています。
それは、身体を傷つけるだけではありません。
心を深く深く傷つけ、長い間、被害者を苦しめます。

《強姦神話》という言葉をご存知でしょうか?
*レイプは夜道で、知らない人から・・・
*二人きりで一緒にいたのだから、合意していたのだ・・・
*女性が挑発した・・・
*嫌だったら逃げられるはず・・・

皆さんは、これらが本当だと思いますか。
内閣府の『男女間の暴力に関する調査』によると、面識のある者からの被害が約75%も占めています。
面識があるために却って、届出をしにくいのです。逃げようと思っても恐怖で体は動きません。
相手がそんなことをすると分かっていれば、二人きりになったでしょうか。
相手への信頼は裏切られたのです。

また、子どもが被害者である性犯罪被害は、父親等身近な大人からの加害も多く報告されています。
性暴力被害にあった後、PTSD(外傷後ストレス障害)や、うつ病、パニック障がい、自殺未遂の繰り返し、依存症、摂食障害などに苦しめられている方も多くいます。

***

音楽を通して性暴力ゼロを伝えることを選んだ、その活動を心から応援しています。
是非足を運んでください!