東京ウィメンズプラザ主催「ウィメンズプラザフォーラム」で、しあわせなみだが企画を実施します。
ぜひお越しください。




「性暴力防止」というと「加害への厳罰」をイメージすることが多いのではないでしょうか。
しかし「懲罰」による抑止効果は限定的です、さらに加害者としての「男性」vs被害者である「女性」という「対立構造」を生み出しがちです。

一方で、行動心理学に基づき「加害欲求を削ぐ」方法が、少しずつ効果をあげるようになってきました。
その1つが、一般社団法人痴漢抑止活動センターが実施する「痴漢抑止バッジプロジェクト」です。

バッジ.jpg



パッケージol.jpg


今回は痴漢抑止活動センター代表松永弥生さんをお招きして、そのアイディアの秘訣を伺います。
松永さんは、関東では初講演となります。

その後参加者で「痴漢を抑止するLINEスタンプ」デザインを考えます。
優れたデザインは、プロのデザイナーが商品化し、販売します。

あらゆる性が一緒に「楽しみながら」性暴力をなくす知恵を出し合いましょう!


☆日時
2018年10月28日(日)14:00-16:30

☆会場
東京ウィメンズプラザ第1会議室
(渋谷駅から徒歩12分/表参道駅から徒歩7分)

☆内容
第1部:一般社団法人痴漢抑止活動センター代表松永弥生さん講演
第2部:痴漢を抑止するLINEスタンプデザインを考えるワークショップ

☆講師

プロフィール.jpg

松永弥生さん(一般社団法人痴漢抑止活動センター代表)

1965年生・大阪市在住。
本業はフリーライター、文章講座講師。ロボット、中小製造業の記事を得意とする。10年以上ロボットコンテストを取材し、コンテストを人材育成教育に活かす手法とその成果を見守ってきた。
その知見を生かし学生を対象とした「痴漢抑止バッジデザインコンテスト」で、10年後、性犯罪に対する社会の意識を変える可能性を見いだした。「痴漢抑止バッジ」考案者の母とは幼なじみ。


☆LINEスタンプデザイン

兵庫県神戸市出身・在住。大阪芸術大学キャラクター造形学科、HAL大阪CG学科グラフィックデザインコース出身。
2007年よりフリーのイラストレーターとして活動。
2015年痴漢抑止バッジコンテスト最優秀賞、その後同封リーフレット、広告デザインも手がけ、翌年からの学生向けコンテスト審査員を担当。
大阪美術専門学校・バンタンゲームアカデミー大阪校臨時講師。キャラクターデザインについてや、絵を仕事にするには、LINEスタンプの作り方などの講義を行っている。
また、金魚作家としても活動。ちゅちゅたんをメインキャラクターに、デフォルメされた可愛い金魚イラストでグッズを制作販売しクリエイターイベント、百貨店、ロフトや東急ハンズ等の催事に出店している。


☆資料代
1500円(痴漢抑止バッジのお土産付)

☆チャリティ
ご自宅にあるご不要の本、ゲーム、DVDをお持ちください。
ありがとうブックを通じて、性暴力撲滅に向けた啓発活動へのチャリティに使わせていただきます。


☆申し込み
[フォーム]からお申し込みください
登録できない場合は「氏名」「ふりがな」「メールアドレス」「当日の緊急連絡先」「保育の有無」を記載し、メールしてください。
181028@shiawasenamida.org

☆企画


※本企画は平成30年度東京ウィメンズプラザフォーラム参加事業として実施します