今年1月、宮崎県で、強姦被害者に対し、加害者側弁護士が、被害時のビデオの処分と引き換えに、示談金なしで告訴を取り下げるよう要求する「宮崎強姦ビデオ事件」が起こりました。
この事件に対する社会的関心は大きく、加害者側弁護士懲戒請求、ならびに被害者に対する不当な圧力をなくす仕組みの構築を求める署名は、署名サイトChange.org(http://goo.gl/VKOyq0)にて、14,000筆を越える賛同を得ており、メディアでもたびたび報道されました。


日本弁護士連合会ならびに宮崎弁護士会への要望書提出を経て、この事件について、以下を考えるシンポジウムを開催します。


★なぜこうした事件が起こるのか~法務省刑法性犯罪罰則検討会の意義~
★どうして14,000筆を超える署名が集まったのか~インターネットを活用した新しい市民運動のカタチ~
★どうすれば同じことが起こらないようにできるか~被害者支援法拡充と弁護士への研修徹底を~




*===========================================

【3/9:東京】
ヘンな社会にしないためにワタシたちにできること
~なぜ弁護士は強姦盗撮ビデオで示談交渉できるのか~
===========================================*


【日時】
☆3月9日(月)14:00-16:30


【場所】
☆東京ウィメンズプラザ 第2会議室A
•JR/東急東横線/京王井の頭線/東京メトロ副都心線 渋谷駅 宮益坂口から徒歩12分
•東京メトロ銀座線/半蔵門線/千代田線 表参道駅 B2出口から徒歩7分

↓地図はこちらです

http://goo.gl/OKdXA9


【登壇者】(五十音順)

☆武村若葉さん(Change.org日本 広報)

phototakemurasmall.jpg

大学卒業後に1年間フランスに留学。帰国後PR会社に勤務、インターネット領域のマーケティングを中心に経験。
2013年よりChange.orgスタッフとして、Change.orgのサービス自体およびキャンペーンの広報に従事。

Change.orgウェブサイトはこちら→https://www.change.org/


☆中野宏美(NPO法人しあわせなみだ理事長)

shiawasenamidanakano1306out[small].jpg

宮崎強姦ビデオ署名呼びかけ人。
友人がDVに遭ったことをきっかけに、できることから始めようと決意。「2047年までに性暴力をゼロにする」ことを目指して、2009年「しあわせなみだ」を立ち上げる。2011年にNPO法人化。
2011年女性デープレゼンコンテスト「女性デー特別賞」受賞。2013年度東京都性と自殺念慮実態調査委員。社会福祉士。


☆矢作由美子さん(敬愛大学国際学部子ども学科非常勤講師)

photoyahagismall.jpg

常磐大学大学院被害者学研究科スーパーバイザー(2005年3月~2009年3月31日まで)を経て現職。早稲田大学社会安全政策研究所招聘研究員。
北九州にて、少女と女性のための『ステイ』(保護観察所登録:自立準備ホーム兼宿泊施設)運営役員。
共著書に『女性犯罪研究会編 性犯罪・被害―性犯罪規定の見直しに向けて―』(尚学社)


☆山口修平さん(児童養護施設一宮学園副施設長)

photoyamaguchi.jpg

宮崎強姦ビデオ署名呼びかけ人。
福祉系大学卒業後、児童指導員として一宮学園入職。男子寮を担当し、10年生活場面での支援に従事する。その後、ケア部門統括室を経て現在に至る。施設内における性的問題をきっかけに、「性」について学びを始める。

現在、“人間と性”教育研究協議会 児童養護施設サークル幹事、及び「性教育研究会」に所属し、児童福祉施設の職員研修会や各県が主催する研修会の講師として活動している。


【現地中継(予定)】
☆財津三千代さん(NPO法人ハートスペースM共同代表)

宮崎強姦ビデオ署名提出人。

ハートスペースMウェブサイトはこちら→http://www.hsmiya.jp/


【定員】
☆50名


【参加費】
☆500円


【申込】
☆1)メール
・件名に「3/9イベント申込」本文に「氏名」を記入し、送信してください。
E-mail:info@shiawasenamida.org

☆2)facebook

https://www.facebook.com/events/614723131992972
ページ右上の「参加する」をクリックしてください


【主催・問い合わせ】
☆NPO法人しあわせなみだ