cake.jpg


[Tear's Cafeチラシはこちらです(PDFファイルです)]

↓前回のカフェの様子はこちらです↓

http://blog.canpan.info/shiawasenamida/archive/809




性暴力被害にあったあと、なんとなく生きづらい。
ちかん・強かん・デートDV・DV被害にあったあと、以前のように人にココロを開けない。
電車やエレベーターで人とのキョリが近いと、なんだかダメ。
どれも、私たちが、望まない性体験をしたからこそ抱える「きもち」です。
Tear’s Cafeでほっこりお茶をのみながらいろいろな「きもち」を話してみませんか?




吹く風もやわらかな季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
性暴力当事者のピアサポートグループ「Tear’s Cafe」では、性暴力の体験だけでなく、セクシュアリティのこと、職場や家族、恋人との対人関係のこと、普段の生活のなかで感じている色んな気持ちについて、一人ひとりのペースで話していただきます。
Tear’s Cafeは、他の人のセクシュアリティや性暴力にかんする気持ちや考え方に触れながら、自分の気持ちに気づいたり、「物語」を整理したり、新たな自分を見つける作業をする空間です。
カウンセリングなどの治療効果はありません。
ほっこりできる癒しのアロマとリラックスミュージック、お菓子と飲みものを準備してお待ちしています。
参加を迷われる場合や、詳細を聞きたいという方は遠慮なくお問い合わせください。




☆日時:2015年5月24日(日)14時~16時


☆対象:性暴力被害にあった体験やその他いろいろな体験(家族・パートナーシップ・仕事などにかんすること)を、安心できる仲間と語りあうことによって整理してみようと思う女性やセクシュアルマイノリティ(LBTI)の方。年齢は問いません。


☆定員:4名程度


☆参加費:1,000円


☆申込み・問合わせ
1~3をメールに記載のうえ、下記アドレスにお申込みください。
1)名前(ニックネーム可)
2)メールアドレス
3)スタッフに伝えたいことやご質問等(何か一言でもメッセージをいただけると嬉しいです。)
Mail:cafe@shiawasenamida.org 


☆会場:JR大阪環状線「森ノ宮」、地下鉄中央線・長堀鶴見緑地線「森ノ宮駅」付近
スタッフからメールで返信する際に会場の詳細をお伝えします。


☆主催:NPO法人しあわせなみだ

itoseki.jpg

Tear’s Cafeスタッフ 伊藤良子・関めぐみ