[シンポジウム詳細はこちらです]

[チラシはこちらです(PDFファイルです)]

 

 

 

“政策の谷間で、不可視にされてきたことこそ、
最も危険であり、それこそ、注目されるべきだ。“
信田さよ子  

 

「助けて」と言えていれば、今頃は手厚く保護されていた大阪二児置き去り死事件の母子。事件当時若干23歳だった母親は30年の刑に服しているが、母親のみを罰することで解決する問題ではない。児童虐待の相談対応件数は増加の一途をたどり、平成2年から16倍の6万6千件に、また、子どもを抱えるひとり親単独世帯は平成に入って倍増し、100万世帯に上る勢いとなっている。

子育てに困難を抱える親たちと発達の偏りなど育てにくいと感じる子どもたちの育ちをどう支えるのか。その背景にあるのは母性神話とさまざまな貧困の現実と希薄な人間関係、そして密室での暴力だ。経済的貧困だけではなく、情報や人間関係の貧困の実態を知り、また、加害者のの更生プログラムもない今の社会の危険性を感じ、次世代社会のために私たちができることは何かを考えたい。そしてますます孤立し、途方に暮れる親子を取り巻く「ネグレクト社会」を変えるアクションをおこそう。

 

 

 

【日時】2014年1月 26 日(日) 13:30 ~16 :30

【場所】港区立男女平等センター リーブラ ホール 
JR線「田町駅」下車徒歩 2 分 
[地図はこちらです]

 

【定員】100 名(先着順) 

【参加費】2000円
※経済的事情での参加費の減免をいたします。お申し出ください)

【託児】10人まで
※希望者はお子さんの年齢性別をお知らせください。 

 

【内容】
[1部]報告 
24年度 DV被害者支援のための同行支援事業 報告  
白井 千晶氏 (早稲田大学講師)
[2部]シンポジウム
基調講演:杉山 春氏(ルポライター 「ルポ虐待」著者 )
パネルディスカッション:
コーディネーター 信田さよ子氏(原宿カウンセリングセンター所長)  
登壇者 杉山 春氏 他 交渉中
[まとめ]

 

【申し込み】
1)申し込みフォームに必要事項を入力し、送信してください
2)メールに必要事項を入力し、送信してください
[必要事項]
「氏名」「ふりがな」「連絡先メールアドレス」「所属団体(あれば)」「割引希望(あれば)」「託児希望(希望する方は子どもの名前・性別・年齢)」「交流会参加希望(希望する方は団体紹介の希望)」「このシンポジウムを知ったきっかけ」
[メールアドレス]
advocatetokyo@gmail.com

 

【主催】
一般社団法人ウェルク
NPO法人ヒューマンサービスセンター

 

【問合せ】
mail:advocatetokyo@gmail.com
電話:080−4599−9561