女性の安全と健康のための支援教育センターが公開講座を開催しますので、ご案内します。

***
かくされた「女」たちの問題―貧困・暴力・差別

【チラシはこちらです(PDFファイルです)】
【講座詳細ならびにお申し込みはこちらです】
***

■日時
2013年5月26日(日)
開場13:10 開会13:30~16:30

■会場
東京ウィメンズプラザ ホール
★東京都渋谷区神宮前5-53-67
★JR山手線・東急東横線・京王井の頭線:渋谷駅下車徒歩12分
★地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線:表参道駅下車徒歩7分
【地図はこちらです】

■内容
ネオリベラリズムの浸透、そして「3・11」の東日本大震災・原発事故以降の混乱のなかで誕生した安倍政権のもとで、日本の格差社会への変容は私たちの想像を超えるスピードと規模で進行し、貧困、暴力、差別といった問題が「待ったなし!」の切迫感を伴って、多くの女性や子どもたちの生活をおびやかしています。
今回の公開講座では、これまで隠されてきたDV被害者、若年女性無職者、性的マイノリティの人たちが直面している、貧困、暴力、差別といった問題にスポットライトをあて、それらの解決への道筋を一緒に探っていきたいと考えています。

■パネリスト
小園 弥生 さん 横浜市男女共同参画センター「ガールズ編しごと準備講座」担当職員
岡田 実穂 さん レイプクライシス・ネットワーク代表
和久井みちる さん 生活保護問題対策全国会議会員

■司会
角田由紀子 さん 弁護士

■申込
公開講座への参加予約は不要ですが、資料準備などのため、できれば事前に お問い合わせフォーム もしくはFAX またはメールでお申し込みいただけると助かります。

FAX:03-5684-1412 

email: shienkyo@vega.ocn.ne.jp 

■主催
特定非営利活動法人 女性の安全と健康のための支援教育センター