ポラリスプロジェクトジャパン連続セミナー「被害者支援の現場からー私たちにできることー」
【イベントの詳細はこちらです】



日本は、主にアジアからの人身取引被害者の最終目的地です。韓国やフィリピンといった国々での対策が進む一方、日本は対策の遅れを国際社会からも指摘されています。電話相談では切実な問題を抱えた人たちからの相談が後を絶ちませんが、被害者を救い尊厳を取り戻すための支援や取組みは不十分です。

12月のセミナーでは、講師に女性の家HELP元代表の大津恵子さんをお招きし、被害者支援の現場から見える現状、日本の人身取引対策の問題点についてお話しいただきます。日本の人身取引の現状を知って、私たちに何ができるのか一緒に考えてみませんか?



<講師> 
大津 恵子氏
内閣府女性に対する暴力に関する専門調査員。女性の家HELP元代表。複数のNGO団体で外国人の電話相談にあたり、女性の家HELPのスタッフを経て、2000年より現職。主に外国人の女性と子どもの人権を守るために活動する。人身売買禁止ネットワーク(JNATIP)共同代表。


 <日時> 
2012年12月15日(土)16:00-18:00(開場15:30)


 <場所> 
英治出版株式会社 会議室(Eiji Press Lab)

東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル 5F
【地図はこちらです】

<参加費>
一般:1,000円、学生:500円 *当日、学生証をご提示下さい。


 <参加者定員>
定員 30名


 <お申し込み>
こちらからお申し込みください。フォームでお申し込みを頂いた時点でお申し込み完了となります。


 <お断り>

団体スタッフが参加者の皆様のお顔が映らない形でセミナーの様子を撮影する場合がありますのでご了承ください。また、セミナーにて自己紹介をお願いする場合がありますが任意です。


 <主催>
特定非営利活動法人 ポラリスプロジェクトジャパン


 <後援>
人身売買禁止ネットワーク(JNATIP)


 <お問い合わせ>
特定非営利活動法人 ポラリスプロジェクトジャパン


TEL:050-3496-7615

E-mail: info@polarisproject.jp