教師による性暴力


文部科学省では毎年、「教育職員に係る懲戒処分等の状況」を発表しています。
平成21年度の報告を見ると、「しあわせなみだ」が関わる性暴力により懲戒処分となったのは153人。

4日間に1人の教諭が、性暴力により懲戒処分となっていることになります。

 

【「平成21年度 教育職員に係る懲戒処分等の状況について」はこちら】

【調査のうち「 わいせつ行為等に係る懲戒処分等事案の具体的な状況について」はこちら(PDFファイルがひらきます)】

 

また財団法人日本性教育協会が定期的に行っている「青少年の性行動全国調査」では、学校や塾の先生からの性的被害について尋ねています。

2007年に公表された結果です。

 

【学校や塾の先生からの性的被害の割合】

 

中学生

男子

中学生

女子

高校生

男子

高校生

女子

大学生

男子

大学生

女子

身体をじろじろ

見られた

0.2

1.3

0.6

1.5

1.7

4.1

言葉などで、性的な

からかいを受けた

0.7

1.1

0.6

1.2

2.0

2.8

電車の中などで

身体をさわられた

0.1

0.4

0.2

0.3

0.4

0.7

相手の裸や性器などを
みせられた

0.1

0.0

0.3

0.0

0.4

0.2

性的な誘惑を受けた

0.1

0.1

0.5

0.5

1.1

0.7

無理やりに性的な

行為をさせられた

0.0

0.0

0.4

0.1

0.6

0.4

財団法人日本性教育協会編『「若者の性」白書 第6回青少年の性行動全国調査報告』小学館 2007

 

健やかな成長が育まれる学校という場で、性、そして生の大切さを伝える存在であるはずの教師から、性暴力に遭っている子どもがいます。

教師からの性暴力は、「教師から生徒という立場の違い」や「年齢」「身体の大きさ」といった要素が加わり、問題をより深刻にします。

 

私たち大人は、この事実を知り、性暴力の加害者を教育の現場に入れないことを、徹底する必要があります。

 




XE Login