ウェブサイトはこちら

 

 0019-2.jpg 0019-1.jpg

 

私たちてのひら~人身売買に立ち向かう会~は、主に神奈川県と東京都を活動拠点として、「人身売買を放置しない未来へ」向けて、活動しています。

 

【てのひら設立まで】

200411月、日本における人身売買の存在を知った、桜美林大学の学生たちの勉強会から、私たち「てのひら」のちいさな活動は芽を出しました。その後、女性の家HELPとの出合いを通じて、多くの人身売買やDV(家庭内暴力)の被害の当事者の方々にめぐり逢わせていただきました。そうした女性やその子どもたちとの関わりを通じて、さまざまな暴力や人権侵害が行われている「不公正に満ちた社会のしくみ」に気づきました。この現状を変えていくためには、人々の意識や思いのつながりを広げていくことが大切であると気づき、勉強会だけでなく、世に出て活動したいという想いを持った若者たちが、活動をつないできたのです。


【私たちが大切にしていること】

国連条約の、国際組織犯罪防止条約に付帯する「人身売買禁止議定書」(2000年)の定義および取り決めを柱に活動します。

また、人身売買・日本でのDV被害を経験したことがある方々に対する視点を大切にしています。彼女たちは「人身売買被害者」というよりも、「人身売買を経験した人たち」であると考えます。「被害者」という言葉では表現しにくい、力強さと、自立心を、彼女たちは持っているからです。私たちは主に、このような方々を、「当事者」、そして「サバイバー(その被害を乗り越える(あるいは乗り越えた)人々)」と表現します。 

私たちは、国連が定める国際組織犯罪防止条約に付帯する「人身売買禁止議定書」(2000年)の定義および取り決めを柱に活動します。

 

【てのひらの理念・使命】


  <理念> 人身売買を放置しない社会の実現

  <使命> 人身売買の存在を、一人でも多くの市民に知らせること

人身売買に地続きである問題(DVやエイズなど)にも積極的に取り組むこと

使命を果たすために、分野を超えて広く協働し、連帯し、共に活動を行うこと

 

【主な活動内容】

 

<①     社会啓発事業>
ワークショップ(参加型学習)を通じて啓発活動を行います。人身売買と、それに地続きの問題をテーマに、2030人くらいの参加者をグループに分かれ、人身売買の実話をもとに編まれた絵本の輪読をして、人権や人身売買についての意見交換をする。

<②     当事者支援事業>
日本に滞在している、DVや人身売買を経験した女性や、その子どもを支援するシェルター(※1)で、主に女性たちが連れてくる子どもたちに向けて、お花見、コンサート、海水浴、クリスマス会等を開きます。また、日本語教室やパソコン教室など、母親への支援活動の運営協力も行います。    (※1民間の女性とその子どものための一時避難所)

 

 

【代表者のプロフィール】

百瀬 圭吾[てのひら代表理事] プロフィール:

大学時代から、人身売買やそれに地続きにあるDV、子どもや女性への暴力防止活動に参加する。大学卒業後、20074月から3年間、横浜の10代後半の子どものためのシェルター・NPO法人子どもセンターてんぽに勤務。桜美林大学国際学部卒業、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修了。共著に『居場所を失った子どもを守る子どものシェルターの挑戦』(明石書店・2009)。1984年、長野県出身。


詳しい活動紹介は下記でご覧下さい。
  http://blogs.yahoo.co.jp/tenohira_is_for_children/folder/1495187.html

〇また、てのひらではメールマガジンを発行しています。ご登録をご希望される方は下記サイトで宜しくお願いします。

   http://archive.mag2.com/0000257041/index.html