メンタルケアメーク21ウェブサイトはこちら

  

1,活動の紹介

私たちメンタルケアメーク21は、高齢者や障害をお持ちの方に化粧の持つ心理効果を肌と心の健康の維持とケアに役立てて頂く化粧療法活動をしています。月2回 都内にある施設を定期訪問していますが、昨年から限界集落に出向き西多摩郡の桧原村・新宿区戸山団地での活動を、また初の試みとして韓国の貧困地区で海外活動を行いました。

 

2,活動が心に傷を負った人に与える効果

人が求めているのはやはり「愛」。例え一過性の行為かもしれないけれど、心のこもった肌と肌の触れ合い(化粧療法活動)は、健常者も障害を持った人もそして心に傷を負った人の心に、温かい「愛」を届けていると信じています。そして与えているだけでなく、施術をする自分たちも相手の方から受け取っているのだと常に感じています。そんな点からも化粧療法活動は、両者にとって益するものがある貴重な活動と思っています。

心に傷を負った直後は自分と向き合うことは辛い作業かも知れません。しかし鏡に向かうことは、自分と向き合うことのできる大切な時間です。メークアップでは、ちょうど洋服を選ぶのと同じように、色を楽しむこともできるでしょう。
自分でメークアップが出来るようになると、内にこもったり、うつむきがちだった気持ちや行動も自然と外へ向き、自尊心(自分を大切にする心)の向上や心を前向きにする効果も期待できます。

 

3,性暴力被害者への想い・メッセージ

メークアップもひとつの心の回復へのツール(方法)かも知れません。興味を持ったほんの少しのことから始めてみてはいかがですか。回復に時間と道のりは関係ありません。

「何も語ることは出来ないけれど、抱きしめて迎え入れる用意はいつも出来ています。門はいつも開けてありますから・・・。」、そんな想いです。

 

4,略歴

田島みゆき

一般事務経験後、美容業界へ。エステシャン・化粧品販売・インストラクター・ヘアメークなど美容関連の仕事を人取り経験後、現在は大学の公開講座・カルチャ-スクール・教育委員会を始めとした役所関連機関や企業で講師を務める。また化粧療法活動団体メンタルケアメーク21の代表として高齢者・障害者施設及び児童養護施設訪問のほか、限界集落などに出向き化粧療法の普及及び人材育成を行っている。