刑法性犯罪変えよう!プロジェクトでご一緒しているちゃぶ台返し女子アクションが、イベントを開催します。

ぜひお越しください!



 170218photo.png

[イベント詳細はこちらです]



自分の思いが尊重されない、でもどうすれば尊重してもらえるのかが分からない、そう感じたことはありませんか?
 
「止めてほしいけどそれをどう伝えれば良いかわからない…」
「私が思わせぶりな態度をとっちゃったのかな…本当はそんなつもりじゃないのに…」
「嫌って言っても真剣に聞いてくれない…」
 
うまく断りきれなかった、断っても聞いてくれなかった、など、性関係やパートナーシップにおいて自分の思いを声に出したり、その思いを尊重してもらうことが難しいと感じる女性は少なくないです。
その原因の一つに、「イヤよイヤよも好きのうち」、つまり、性に関する相手の同意の気持ちを軽視する考え方があります。
 
では、そもそも性関係やパートナーシップにおける「同意」とは一体どのようなもので、なぜ重要なのでしょうか?
そして同意を尊重する、とはどういうことでしょうか?
 
今回、ちゃぶ台返し女子アクションでは、性関係やパートナーシップにおける「同意」について考えるワークショップを開催します。
皆さんが身近に感じてもらえるよう、「職場において」、「カップル同士で」、「宅飲みの場で」、などいくつかのシナリオを元に、同意とはどのようなものなのか、話し合いながら考えたいと思います。
さらに、日常生活の中で、互いの同意を尊重しあう方法、また、同意が尊重されない状況でどう対応できるか、実践的な話もしましょう。
 
ぜひ、私たちと一緒に、同意について考えませんか?
 


【日時】
1月18日(土)13:00〜15:00
 
【場所】
ソーシャルビジネスラボⅡ(コワーキングスペース)

東京都中央区日本橋蛎殻町1-24-4 井川ビル2F

東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅出口3から徒歩3分
東京メトロ日比谷線「人形町」駅A2出口から徒歩7分
東京メトロ東西線・日比谷線「茅場町」駅4a出口から徒歩7分

[地図はこちらです] 
 


【対象】
今回は女性自認の方限定のイベントとなります。ご了承ください。
 
【お申し込み方法】
[グーグルフォーム]からお申し込みください。
 
【参加費】
500円(会場費)
 


【主催者について】
ちゃぶ台返し女子アクション
ちゃぶ台返し女子アクションは、日本で暮らす女性が特に感じている「声の出しにくさ」に焦点をあて、女性が日々経験している差別、暴力、抑圧を言語化し、共有・共感することにより、一人一人が自分らしく生き、自由に想いを口に出来る世界を目指しています。具体的なアクションとしては、「刑法性犯罪を変えよう!キャンペーン」の一員として刑法性犯罪の改正に向けて取り組んでおり、さらに性暴力や性に対する社会の認識を変えていくための活動を展開しています。