170417photo.png

しあわせなみだスタッフ山本潤が、性暴力に関するイベントに登壇します。
もう1名の登壇者、小川たまかさんは、しあわせなみだの活動をたびたび取り上げてくださっているライターさんです。
ぜひお越しください!



====================

リーブラ主催 メディア・リテラシー講座
私も、性暴力被害者を傷つけない報道と発言を考える
~テレビ・新聞からインターネットのコメントまで~
平成29年4月17日(月)午後2時30分~4時30分

=====================


☆講座について
性暴力犯罪とは、どのような被害と影響をもたらす犯罪なのか、被害者にはどのような配慮が必要なのか。
理解ないままの取材・報道が、被害者を傷つけ、その記事に対するネット上のコメントがさらに、それを目にする他の被害者をも傷つけます。
被害当事者の立場から性暴力被害者と報道記者を中心にした対話の会を継続する山本潤さんと、性暴力犯罪の報道の現状と難しさについて取材をしてきた小川たまかさんにお話をうかがいながら、情報や意見の発信者として、一緒に考えてみませんか。
民放テレビ局、新聞社の報道関係者のみなさん、広告業界関係者のみなさん、一般の方々のご参加をお待ちしています。


☆講師について

170417yamamoto.jpg

★山本 潤(やまもと じゅん)さん 
看護師・保健師。性暴力被害に遭った経験から勉強を始め、2007年SANE(性暴力被害者支援看護師)研修修了、2010年看護学修士取得。2008年より講演活動開始。被害経験と専門的知識を融合させたワークと講演は、納得ができ理解が深まると定評がある。性暴力被害支援者研修、一般市民対象の講演活動多数。NPO法人女性の安全と健康のための支援教育センター運営委員、日本フォレンジック看護学会理事、自助グループ野いちごの会運営者。 

ブログ「SANE山本潤~学びが変える世界~」は[こちら]
著書に『13歳「私」をなくした私 性暴力と生きることのリアル』(朝日新聞出版,2017)



170417ogawa.jpg

★小川 たまか(おがわ たまか)さん 
ライター/プレスラボ取締役。フリーランスとして活動後、2008年に共同経営者とともに編集プロダクションを始める。2015年1月に性暴力被害経験をネット上に執筆したことをきっかけに関連の取材を始める。このほか教育、働き方などをテーマにYahoo! ニュース個人などで執筆。 
株式会社プレスラボウェブサイトは[こちら]

Yahoo! ニュース「たまたま生きてる」は[こちら]



☆日 時
平成29年 4月17日(月) 午後2時30分~4時30分 (開場:2時10分)

☆会 場
港区立男女平等参画センター「リーブラ」 みなとパーク芝浦 2階 学習室C
東京都港区芝浦1-16-1 みなとパーク芝浦(リーブラ受付は2階)
JR田町駅 東口(芝浦口) 徒歩5分
都営地下鉄三田駅 A6出口 徒歩6分
[地図はこちらです]

☆参加費
無料

☆対 象
報道関係者、広告業界関係者など、またはこのテーマに関心のある方

☆定 員
20名(申込順)

☆保 育
あり・無料(定員あり・申し込み順)
※0歳4か月以上、未就学児まで。
※要予約(電話、FAX、Eメール、リーブラ窓口にて受付。)
ただし保育は3月30日(木)に申込みを締め切ります。 保育の申込みをされた方にはリーブラから託児利用票を郵送しますので、申し込みの際に支障のない郵送先を記入してください。

☆申 込
~3月13日申込み受付開始~
電話・FAX・メール・窓口にてお申し込みください。
【リーブラ】
◆TEL: 03-3456-4149
◆FAX: 03-3456-1254
◆メール: libra@career-rise.co.jp
メールでお申込みの場合は、
メールタイトル: 【講座申込】メディアリテラシー
本文: 1. 氏名 2. 年代(例:40代)  3. 社名(任意) 4. 電話番号 5. 港区との関係(在住・在勤・在学・その他 のいずれか) 6. 何で知ったか(例:HPを見て)  7. 保育希望の有無
 (保育希望の場合のみ→) 8. お子さんのお名前、9. お子さんの月齢(○歳▲ヶ月※講座日時点)、10. 郵便番号と住所(※後日、保育利用票郵送のため)
◆FAXまたはメール受信後、当方より確認のご連絡をさせていただき、受付完了といたします。

☆お問い合わせ先
港区立男女平等参画センター(リーブラ)
〒105-0023 東京都港区芝浦1-16-1 みなとパーク芝浦
TEL: 03-3456-4149  FAX: 03-3456-1254 E-mail: libra@career-rise.co.jp