しあわせなみだ理事長中野が登壇します。

ぜひお越しください。



文京区男女平等センター 登録団体企画助成事業

「性暴力と男女不平等〜レイプされた私が悪いの?〜」

[詳細はこちらです]



「女性に隙があるのでは?」、「激しく抵抗すればいい」、「ついてきたから同意があった」……など、性暴力被害者への偏見は数多く見られます。

そんななか、今年6月、性犯罪における刑法が110年ぶりに改正されました。

性暴力をゼロにするための活動を行うNPO法人「しあわせなみだ」代表の中野宏美さんと、被害者支援を行う弁護士の寺町東子さんに現状をお話していただき、私たちに何ができるのか、みんなで考えてみませんか?



☆日時  

11月25日(土)13:00〜15:00


☆会場  

文京区男女平等センター研修室B

東京都文京区本郷4-8-3 本郷真砂アーバンハイツ1F

都営地下鉄三田線 春日駅下車徒歩7分

都営地下鉄大江戸線・東京メトロ丸の内線 本郷3丁目駅下車徒歩5分

東京メトロ南北線 後楽園駅下車徒歩10分

[地図はこちらです]


☆定員  

30名(申し込み不要・当日先着順) 



☆講師  


20901393_1484197228325946_8598118292973062277_o.jpg

寺町東子さん(弁護士)

中央大学法学部法律学科卒業。保育現場や介護現場などの事故の訴訟を手がけ、そうした保育施設や福祉施設での重大事故の予防などに取り組む。また、性的虐待や性暴力被害者の救済にも尽力し、釧路性的虐待訴訟では、時効の壁を突破して勝訴に導いた。東京弁護士会高齢者・障害者の権利に関する特別委員会委員。赤ちゃんの急死を考える会。医療問題弁護団。

著書に「保育現場の『深刻事故』対応ハンドブック」(ぎょうせい・共著)、「保育事故を繰り返さないために」(武田さち子著・赤ちゃんの急死を考える会企画・監修)ほか。

子育て・保育・女性の社会進出に関心があり、社会福祉士登録もしている。


中野宏美さん(NPO法人「しあわせなみだ」代表)

1977年東京生まれ。東洋大学大学院社会学研究科修了。社会福祉士。精神保健福祉士。

友人がDVに遭ったことをきっかけに、できることから始めようと決意。「2047年までに性暴力をゼロにする」ことを目指して、2009年「しあわせなみだ」を立ち上げる。2011年にNPO法人化。現在は、性暴力等に遭った方を応援する【Cheering Tears】、性暴力等に遭った方を美容の力で輝かせる【Beautiful Tears】、性暴力ゼロを実現するために社会に働きかける【Revolutionary Tears】を展開。2011年女性デープレゼンコンテスト「女性デー特別賞」受賞。2013年度東京都「性と自殺念慮調査委員会」委員。また、性暴力被害者が救われない現実を変えるため、ほかの団体とともに刑法改正に向けた活動にも取り組み、今年110年ぶりの刑法改正を実現させた。



☆参加費 

無料


☆主催 

子どもを守る目コミュ@文京区   


☆共催 

文京区女性団体連絡会