kissphotomain.jpg

(c)2013「くちづけ」製作委員会


障がい児者への性暴力が認識される社会へ

映画上映会&トークセッション


2018年9月に内閣府が実施した『「若年層における性的な暴力に係る相談・支援の在り方に関する調査研究事業」報告書』では、性被害を経験した若年女性の55%に、障がいの可能性があることが分かりました。海外の調査では、障がい者は健常者の3倍、性暴力を経験するリスクを有しているという結果も出ています。NPO法人しあわせなみだの調査では、回答した発達障害者の7割が、何らかの性暴力を経験していることが明らかになりました。

障がい者への性暴力を取り扱った映画「くちづけ」上映(日本語字幕・音声ガイド付)、ならびにゲストによるトークセッション(文字通訳付)を通じて、何が起きているかを知り、必要な法制度を考えましょう。

*チラシはこちらです(PDFファイルです)[表]  [裏]


日時

2019年5月12日(日)13:3016:30(開場13:00)  


会場

鹿児島県民交流センター 大ホール 

鹿児島市山下町14-50

  • 市電「水族館口電停」下車 徒歩4分
  • JR「鹿児島駅」下車 徒歩10分
  • バス「水族館口」下車 徒歩5分

[地図はこちらです]



ゲスト

水流 源彦さん社会福祉法人ゆうかり 理事長

淵脇 千寿保さん志学館大学法学部 講師) 
※トークセッションには要約筆記が入ります



参加費 

無料


申込 

[フォーム]よりお申し込みください



映画「くちづけ」

s_サブ②.jpg

(c)2013「くちづけ」製作委員会


*音声ガイド付き/日本語字幕付きで上映します

Story

知的障害のあるマコは、元人気漫画家の父親いっぽんに連れられ、知的障害者の自立支援グループホーム「ひまわり荘」にやってきました。マコはある事件をきっかけに、いっぽん以外の男性をこわがっていました。しかし、ひまわり荘の入居者うーやんにだけは心を開き、いっぽんを驚かせます。安定した生活を取り戻しつつあったいっぽんとマコ、そしてひまわり荘の一同に、厳しい運命がふりかかります。

[公式ウェブサイトはこちら]


出演

貫地谷しほり  竹中直人  宅間孝行

田畑智子 橋本愛 岡本麗  嶋田久作 麻生祐未  平田満 宮根誠司 伊藤高史 谷川功  屋良学 尾畑美依奈  万田祐介

 

ブリッジング・プロジェクト~Bridging the Gap~ご協力のお願い

…会場で書籍・DVD・ゲームの回収を行います…


本イベントを全国で開催するにあたり、100万円が当団体の自己負担となります。

このため、会場で書籍・CDDVD・ゲームの回収を行います。

買取金額が本イベントの活動費になります。

ご自宅で不要になったものを、ぜひご持参ください。

ブリッジング・プロジェクトを日本中に届けるために、あなたの力を貸してください。

[買取の詳細はこちら]



主催

NPO法人しあわせなみだ 


問合せ

黒木 寛隆 

TEL:080-8568-1398 

Mai:lcroquis.0219457@gmail.com



*この事業は競輪の補助を受けて実施します*

keirinjp_banner.gif 

https://keirin.jp/