※本イベントは震災に伴い中止になりました※


一人で暮らすことが難しい女性を応援する

矯風会ステップハウス

が、10周年を迎えました。

記念事業として2009年国連が発行した『法整備のためのハンドブック』を出版します。

日本の現状を変える希望や勇気を持てる本です。

この内容を紹介するパネルディスカッションを開催し、当日このハンドブックを会場で発売開始します。

是非ご参加ください。

 

日 時  : 2011年 3月19日(土) 13:30~17:00

場 所 : カトリック幼きイエス会.ニコラ・バレ

東京都千代田区六番町14-4

JR四谷駅 麹町口から徒歩4

地図はこちらです


参加費 : 8 0 0

 

パネリスト:

“私たちはここまできた” 弁護士角田 由紀子 さん

“国連の取り組みと日本の現状” 中京大学法科大学院准教授  柳本 祐加子 さん

“男女共同参画第三次基本計画から”   総務省内閣府男女共同参画局局長  岡島 敦子 さん

 

主催:矯風会ステップハウス


賛同団体 :女性の家ヘルプ / 慈愛寮 / アジア女性資料センター / 女性の安全と健康のための支援教育センター

 

【矯風会ステップハウスとは】

女性や子どもへの暴力や虐待からのケアや社会的自立を目的に、夫からの暴力などの理由で居室を失った女性のための短期宿泊所(ステップハウス)を2000年より運営しています。滞在中は暴力被害からの心理的回復を支援、自立に向けての職探しやアパート探しの他、離婚裁判や調停、保護命令の申立ての支援など、医療機関やその他、関係機関と連携を図りながら、ステップハウス退所後にも暴力被害女性が自立して生活していけるよう、きめ細やかな支援を行っています。