依存症の女性を支援するダルク女性ハウスが、20周年を迎えました。

記念イベントが開催されますので、紹介します。

***

「笑いながら、泣く、困難を分かちながら生き延びる、仲間たちの姿は胸をあったかくします」

darc1.jpg 
【チラシはこちらです(PDFファイルが開きます)】

 

■日時

2011923日(金・祝)13001630(開場12時)

2011924日(土)13001700(開場12時)

 

■会場

東京ウィメンズプラザ

JR山手線・東急東横線・京王井の頭線:渋谷駅下車徒歩12
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線:表参道駅下車徒歩7

【地図はこちらです】

 

■申込方法

FAXまたはE-mailで受付いたします。

ご希望講演会名・お名前・ご連絡先をご記入の上、お申込ください。

 

■お問い合わせ・お申込み

ダルク女性ハウス

電話:033822-7658

FAX033822-7662

E-mailflicka.info@cure.ocn.ne.jp

 

■内容

 

923

【セミナー:依存症者と子育て支援・介入とめやす】

依存症の子育ての現場で何が起きているのか、本当に困っている事は何かをお話ししたいと思います。もちろん、当事者の体験談もあります。社会的構造についても考えてみたいと思っています。もちろん燃え尽きについてのお話もありますよ。

【部屋】東京ウィメンズプラザ ホール

【講師】平川和子さん・森田展彰さん・大嶋栄子さん

【会費】1000円(当事者無料)

 

924

【ダルク女性ハウス20年の歩み:当事者によるスピーカーズ・座談会・研究発表】

二日目は当事者の体験談。やめたばかりのメンバーから、3年、5年、10年、15年の経過を経たメンバーたちが、現在の問題を語ります。

ご存じのように、薬物依存症の女性の85%は重い暴力のサバイバーです。彼女たちは生き延びる過程で言葉を失う期間があります。私はこういったセミナーで、仲間たちの話を聞きながら、短期、中期、長期的な困難と目安を学んでいきます。

その他、当事者研究「生理、ローリエちゃんの一か月」や、各地で頑張る女性の当事者スタッフたちが、医療、福祉、教育の現場での困難さを、高級なアマチュアの立場からお話しします。

【部屋】東京ウィメンズプラザ 視聴覚室

【会費】500円(当事者無料)

 

***

 

なおこのイベントは、札幌、仙台、大阪、九州でも開催されます

【詳細はこちらをご覧ください(PDFファイルが開きます)】