性暴力に遭った方への寄り添い方を考えるワークショップが開催されますので、ご案内します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ワークショップ
性暴力被害当事者と共に生きるために、今、ひとり1人にできること
【セミナー詳細はこちらです】
【チラシはこちらです(PDFファイルが開きます)】

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■メッセージ
他人の痛みを感じる力とジェンダーについての気づきがあれば、あなたも大事な支え手の一人になれる

■日時:2011年9月24日土曜日13時00分~16時30分
※受付12時50分~

■会場:クレオ大阪中央 研修室2
大阪市天王寺区上汐5-6-25
【地図はこちらです】 

■参加費:1,000円
資料代等。当日、受付にて徴収します

■定員:40人
先着順。定員になり次第、締切ります

■こんなあなたの参加をお待ちしております
・傷ついた人や生きづらさを感じている人を「一人にしない社会」に貢献したい方
・「セクシュアルハラスメント」「性暴力」「傷ついた人を支える」「被害者にも加害者にもならない」などのキーワードが心に響いた方
・ワークショップのテーマや内容に関心をもたれた方 など

■内容とファシリテーター:
13時00分~ はじめに:菅沼友子(弁護士)
13時10分~ Session1:遠矢家永子(SEAN)
~「被害者にも、加害者にもならないために知っておきたいこと」
14時50分~ 休憩
15時00分~ Session2:永井美佳(大阪ボランティア協会)
~「あなたのアクション、私のアクション」
15時50分~ おわりに:菅沼友子(弁護士)
15時55分~ 事務連絡・アンケート回答
16時00分~ 休憩
16時05分~ 活動希望者相談会:永井美佳(大阪ボランティア協会)
16時30分  終了
※内容はおおよその流れです。

○メッセージ(続き)
世の中で起きているさまざまな問題は、どこかで私自身とつながっているとしたら…。問題の背景や真相をたどっていけば、他人事では片づけられない事実と出あうかもしれません。その事実に出あったとき、私には関係ないと他人事にしたり、見過ごしたりしますか?どちらかといえば、自分が同じ立場に立ったときのことを想像できる私でいたいし、傷づいたり、困ったりしている人の存在に思いを馳せられる私でありたい。その方が、きっと社会とのつながりを実感できる…そんな風に思うことってありませんか?そう感じる力のあるあなたとご一緒したいのがこのワークショップです。「性暴力被害当事者と共に生きるために、今、ひとり1人にできること」をテーマに、被害者にも加害者にもならない社会をめざして、人権、セクシュアルハラスメント、性暴力、被害者と加害者の視点や構造的理解が進むよう、参加型でワークショップを進めます。ぜひ、ご参加ください。

○Session1 被害者にも、加害者にもならないために知っておきたいこと
ファシリテーター:遠矢家永子さん/NPO法人SEAN(シーン) 
かけがえのない私の“こころ”と“からだ”が、自分の手から奪い取られ、他人から搾取されるのが性暴力です。二次被害*を起こさないために、また暴力を許さない社会を築いていくために、私に何ができるでしょうか?まずは、一人ひとりが持つ大切な人権や尊厳について、そして暴力の構造について考えます。
*二次被害:加害者が引き起こした性暴力被害を被害者の問題にすりかえることなど

○Session2 あなたのアクション、私のアクション
ファシリテーター:永井美佳/大阪ボランティア協会
性暴力被害者の支援活動に参加しているボランティア2~3人の活動経験談を聞きます。お話を参考に、被害者にも加害者にもならない社会に向けて、参加者それぞれのアクションについて考えるきかっけとします。

■主催:
性暴力被害者を支援する会(クローバーの会)
大阪ボランティア協会

【申し込みはこちらから】