ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)アドボカシーカフェ 第18回
セクシャル・マイノリティのことを知り、誰もが生きやすい社会を目指して 第3回
~ セクシャル・マイノリティから見た、日本の「新しい」家族と生活 ~
【詳細ならびにお申込はこちら】

 

 

ソーシャル・ジャスティス基金では『セクシャル・マイノリティのことを知り、誰もが生きやすい社会を目指して』と題して過去2回アドボカシーカフェを開催してきました。
今回のアドボカシーカフェでは、レズビアンという立場で地域の中で活動をされているレインボーコミュニティcoLLaboの加澤さんと、世界でセクシャル・マイノリティ支援をしているヒューマン・ライツ・ウォッチの吉岡さんをお迎えし、日本の「新しい」家族と生活の姿について対話します。女性の問題、高齢社会、今後の家庭の姿など、セクシャル・マイノリティという切り口で、当事者と当事者外とが一緒に未来を語る場にしたいと思っています。たくさんのご参加をお待ちしています。
   

 

■日 時: 8月31日(土)13:30~16:30 (受付開始13:15)

 

■場 所: 早稲田奉仕園 6ABC会議室  
新宿区西早稲田2-3-1(東西線早稲田駅5分、副都心線西早稲田駅8分) 
【地図はこちらです】
                  
■資料代:  一般1,000円   学生 500円

 

■ゲスト:
◆加澤 世子さん (NPO法人 レインボーコミュニティcoLLabo 理事)
福祉業界で自立支援の訪問介護を行うかたわら、レズビアンとセクシュアルマイノリティ女性に向けた支援活動を行う。coLLaboでは現在ピアサポートプログラムを中心とした事業等を担当。

◆吉岡 利代さん (NPO法人ヒューマン・ライツ・ウォッチ 日本代表代理)
 幼少時代からの目標を達成するため国連難民高等弁務官事務所(UNHCR) の駐日事務所にて日本国内の難民申請者の保護活動に従事。2009年4月、ヒューマン・ライツ・ウォッチ東京オフィスの創設メンバーとなり現在に至る。

◆コメンテーター:島田 暁さん ( 「レインボー・アクション」代表、映像作家)
 2010年の石原都知事による同性愛者差別発言に抗議する活動をきっかけに発足した「レインボー・アクション」の代表。映像作家。新作「震災とセクシュアリティ、絆」製作中。

◆モデレーター:樋口 蓉子(ソーシャル・ジャスティス基金運営委員) 

 

■お申込【 Webサイト】からお申し込みください 
人数の把握のため、事前お申し込みにご協力ください。

 

■主 催:ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)
〒160-0021 新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501 認定NPO法人まちぽっと
メール info@socialjustice.jp  
電話  03-5941-7948
【Twitterはこちら】
【Facebookはこちら】