*イベントは予定通り開催します*
*おかげさまで多くの皆様から参加希望をいただいたため、

申し込みは締め切りました。ご検討中の皆様、申し訳ございません*


映画

上映会&トークセッション

障がい児者への性暴力が認識される社会へ

kissphotomain.jpg  

  (c)2013「くちづけ」製作委員会


2018年9月に内閣府が実施した『「若年層における性的な暴力に係る相談・支援の在り方に関する調査研究事業」報告書』では、性被害を経験した若年女性の55%に、障がいの可能性があることが分かりました。海外の調査では、障がい者は健常者の3倍、性暴力を経験するリスクを有しているという結果も出ています。NPO法人しあわせなみだの調査では、回答した発達障害者の7割が、何らかの性暴力を経験していることが明らかになりました。

障がい者への性暴力を取り扱った映画「くちづけ」上映(日本語字幕・音声ガイド付)、ならびにゲストによるトークセッション(手話通訳付)を通じて、何が起きているかを知り、必要な法制度を考えましょう。 
[チラシはこちらです(PDFファイルです)] 


■日時  
2020年2月29日[土]13:00-16:15(12:30開場)


■会場 

倉吉交流プラザ 視聴覚ホール

( 住所:倉吉市駄経寺町1871

[地図はこちらです]



■トークセッションゲスト

 ※トークセッションには手話通訳が入ります

三木先生写真.jpg

三木 裕和 さん

鳥取大学地域学部教授/鳥取大学附属特別支援学校長


1955年兵庫県生まれ。関西大学文学部哲学科卒業、兵庫教育大学大学院学校教育研究科修了。

1980年より兵庫県の障害児学校に勤務。重症心身障害児、自閉症児、知的障害児などを担任。2011年8月より鳥取大学地域学部准教授。2014年4月より同、教授。2016年4月より鳥取大学附属特別支援学校長(併任)。障害児教育学。障害児教育の教育目標・教育評価論。授業づくり(重症児、自閉症児)。教師論、学校づくり論。

著著『障害のある子どもの教育目標・教育評価-重症児を中心に』(共編書)、『希望でみちびく科学-障害児教育ホントの値うち』『重症児の授業づくり』『重症児-思春期からの医療と教育』(以上、クリエイツかもがわ)『重症児の心に迫る授業づくり』(かもがわ出版)、『障害児教育という名に値するもの』『人間を大切にするしごと』(全障研出版部)など。



北野先生写真.jpg

北野 彬子 さん

鳥取県性暴力被害者支援協議会副会長/きたの法律事務所 弁護士


2005年大阪市立大学法学部卒業。2007年関西学院大学司法研究科卒業。2008年司法試験合格。2010年弁護士登録。



■参加費  

無料


■申し込み 
「参加者氏名」「連絡先」「所属」を記入し、1)メール、2)電話、3)ファックス、4)郵送 いずれかでお申し込みください

E-mailjimukyoku@sar-tottori.org

電話:0857-32-8211

ファクシミリ:0857-32-8233

■郵送:680-0022 鳥取市西町1-401 とっとり被害者支援センター内 鳥取県性暴力被害者支援協議会 宛



映画「くちづけ」

kissphotosub3.jpg

(c)2013「くちづけ」製作委員会

*音声ガイド付き/日本語字幕付きで上映します


Story

知的障がいのあるマコは、元人気漫画家の父親いっぽんに連れられ、知的障がい者の自立支援グループホーム「ひまわり荘」にやってきました。マコはある事件をきっかけに、いっぽん以外の男性を怖がっていました。しかし、ひまわり荘の入居者うーやんにだけは心を開き、いっぽんを驚かせます。安定した生活を取り戻しつつあったいっぽんとマコ、そしてひまわり荘の一同に、厳しい運命がふりかかります

[公式ウェブサイトはこちら]


出演

貫地谷しほり  竹中直人  宅間孝行

田畑智子 橋本愛 岡本麗  嶋田久作 麻生祐未  平田満 宮根誠司 伊藤高史 谷川功  屋良学 尾畑美依奈  万田祐介



特定非営利活動法人しあわせなみだ よりお願い

 本イベントを主催するNPO法人しあわせなみだは、2018年より「障がい児者への性暴力」防止に取り組んでいます。2019年度は、この取り組みを一層盛り上げ、賛同者を増やし、社会を動かすムーブメントを起こすために、「ブリッジング・プロジェクト~Bridging the Gap~」と名付け、本イベントを全国10か所で開催、その他様々な活動を展開しています。


☆ブリッジング・プロジェクトの取り組み

1)障がい児者への性暴力調査

  調査を実施した発達障害者32名中23名が、何らかの性暴力を経験していました。

2)国会議員への働きかけ

  これまでに54名の国会議員と面会し、障がい児者への性暴力の現状を届けました。

3)署名

  刑法に「性犯罪被害者としての障がい者」の概念を盛り込むことを求めるオンライン署名 

  を立ち上げました。20193月末時点で11,100人が賛同しています。


○おねがい○

 本イベントを全国で開催するための資金が必要です。会場で書籍・CDDVD・ゲームの回収を行います。買取金額が本イベントの活動費になりますので、ご自宅で不要になったものをぜひご持参ください。ブリッジング・プロジェクトを日本中に届けるために、あなたの力を貸してください。 

 [買取詳細はこちら]



主催:特定非営利活動法人しあわせなみだ

共催:鳥取県性暴力被害者支援協議会、とっとり性暴力研究会

後援:鳥取県医師会、鳥取県弁護士会、一般社団法人鳥取県手をつなぐ育成会、鳥取県、公益社団法人とっとり被害者支援センター



性暴力被害者支援センターとっとり クローバーとっとり
鳥取県と関係機関、団体が協力して、性暴力被害にあわれた方を支援する機関です。
あなたが安心して心身の回復ができるように一緒に考え支援します。


相談ダイヤル ☎ 0120-946-328 <<県内専用フリーアクセス>>

相談日時(年末年始は除く) 10:00-16:00 (月~金曜日)/18:00-20:00 (月・水・金曜日)



クラウドファンディング協力者

一般社団法人あおい福祉AI研究所様/株式会社Lib様/株式会社wafactory様/PC文字通訳者会ubiquitous様/柏崎克實様/下田佳様/玉田勇様/のぞむ様/福田亮一様/ふじパパ様(順不同)



bunner-autorace240.gif

*この事業はオートレースの補助を受けて実施します*